燃える南十字星 作品情報

もえるみなみじゅうじせい

「青い街の狼」の小川英が脚本を執筆、「ひとり旅」の斎藤武市が監督したアクションもの

香港から東京へのジェット旅客機に不思議な男が乗っていた。丈太郎だ。彼は隣席の中国娘譚玲羊(タンリンヤン)と親しくなり、羽田空港で彼女を誘拐しようとしたハートの政一味を軽くやっつけた。彼は針谷のキャバレーを訪ね麻薬のつつみを渡した。実は、針谷は玲羊の父譚の腹心である。丈太郎はそこで眼にもとまらぬ早射ちコルトを披露した。譚は彼を一も二もなく用心棒に雇った。その影には丈太郎を注視する朱実の姿があった。譚は日本で武器を密造し外国へ売りつける商人だった。彼は森崎の工場で武器を造り始めた。森崎は驚愕し契約解除を申し入れた。譚は森崎を消すよう丈太郎に命じた。彼のアパートへ朱実が訪ねてきた。丈太郎は数年前、譲二と名乗り朱実の父中曽根の下で動いていた。中曽根はドル紙幣偽造の手入れの際、「譲二が俺を売った」と言って死んだのだ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督斎藤武市
出演宍戸錠 松原智恵子 南田洋子 山内明 金子信雄 梅野泰靖 加藤武 弘松三郎 下絛正巳 藤村有弘
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「燃える南十字星」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:29

広告を非表示にするには