ぼくはうみがみたくなりました 作品情報

ぼくはうみがみたくなりました

自閉症の青年が教えてくれた大切なこと…。心がすこし優しくなれる感動のストーリー

自分を見失いかけていた看護学生の明日美は、ある日、愛車の黄色いステップワゴンを見つめている青年・淳一に声をかける。高校時代に好意を寄せていた同級生に面影が似ていたからだ。明日美の誘いを断るわけでもなく、助手席に乗り込んできた淳一とともに、二人は海へと向かう。しかし、彼の言動は少し変だ。いや、少しどころじゃない。どう考えてもおかしい…。偶然から始まったドライブは、旅先で出会う人々を巻き込みながら、たくさんの驚きとささやかな幸福を明日美にもたらすことに…。

「ぼくはうみがみたくなりました」の解説

自閉症の青年と、少し人生行き詰まり気味の看護学生が、偶然から海へ向かう旅に出てしまい、そこで様々な人々とめぐり合うハートウォーミングな人間ドラマ。“自閉症”という名前だけが一人歩きし始めている昨今、実際の症状や接し方等、ほとんど知られていない障害に焦点を当て、ひとりの自閉症の青年を取り巻く人々の人生や心の成長を、時にユーモラスに、時に厳しく、そして温かく描き出した秀作である。主人公・明日美に、映画『いま、会いにゆきます』での瑞々しい存在感が話題を呼んだ、大塚ちひろ。また、新人・伊藤祐貴が、500人以上のオーディションから選ばれ、自閉症の青年という難役を見事に演じ切っている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月22日
キャスト 監督福田是久
原作・脚本山下久仁明
出演大塚ちひろ 伊藤祐貴 石井めぐみ 秋野太作 大森暁美 小林裕吉 松嶋初音 ピエール瀧
配給 『ぼくはうみがみたくなりました』製作実行委員会
制作国 日本(2009)
上映時間 103分

(C)2009「ぼくはうみがみたくなりました」製作実行委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-24

私は以前、京都の撮影所で秋野太作さんとご一緒させてもらったことがある。素敵な俳優さんだった。だからこの映画を観た。これは自閉症のことを扱っているが、共感できるところが多く、感動した。ケアマネジャーの私にとっては忘れられない作品だ。

最終更新日:2020-06-29 16:00:10

広告を非表示にするには