南の島のフリムン 作品情報

みなみのしまのふりむん

ゴリ監督が描く、南国・沖縄で巻き起こる恋の大騒動

沖縄の養豚場で働く栄昇は、三線名人の60歳のマサルや、後輩のヒトシらとつるんで、いつもバカなことをしながら日々楽しく遊んでいる。30歳で独身の栄昇だったが、ある日コザにある行きつけのポールバーでダンサーのオレンジに一目ぼれする。さっそく栄昇はマサルとヒトシの協力を得てオレンジに告白するが、そこに現れたのは筋肉隆々のアメリカ兵。彼もまたオレンジに思いを寄せていて……。

「南の島のフリムン」の解説

『ドロップ』に続き、吉本興業×角川シネマのタッグで贈る第2弾は、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリが初監督を務めた、笑ってちょっぴりほろりとする感動の人間ドラマ。監督自身が生まれ育った沖縄を舞台に、個性的な愛すべき人々が繰り広げる恋の大騒動をハイテンションでつづっている。ハチャメチャな中にも男同士の友情や家族の絆、恋愛など普遍的な要素を盛り込んだ、ゴリ監督渾身のデビュー作だ。主人公を演じるのはもちろんゴリ自身。大人になりきれない青年を等身大(?)で演じている。『真夏の夜の夢』の照屋政雄や、若手漫才コンビ「ハム」の諸見里大介、マルチに活躍するボビー・オロゴンら個性的な面々の好演にも注目したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月29日
キャスト 監督・出演ゴリ
出演照屋政雄 諸見里大介 ボビー・オロゴン AKINA ISSA KEN 夏川りみ 川田広樹 平良とみ
配給 角川映画
制作国 日本(2009)

(C)2009 吉本興業株式会社

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、3件の投稿があります。

P.N.「図鑑」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2009-09-22

決して上品ではないが、無条件に笑える娯楽映画。ポールバーでのシーンはよく撮れている。今後の作品に期待。

最終更新日:2017-01-27 15:44:22

広告を非表示にするには