あなたと私の合言葉 さようなら、今日は 作品情報

さようならこんにちは

平凡連載の久里子亭の原作を、原作者自身と「ごめん遊ばせ花婿先生」の舟橋和郎が脚色、「炎上」の市川崑が監督した風刺喜劇

ビジネスガール青田和子は若くて美しくて聰明なのだ。渡辺半次郎という許婚者がいた。彼が大阪へ転勤して行ってから四年たつ。互いに愛しあっているが、なかなか結婚できない。和子には元欧州航路の船長で今は失職中の父伍介と、高校を出てスチューアデスになった妹の通子がいるからだ。伍介にとって和子は亡妻がわりだし、通子も家事はからきしだめだ。一家は和子なしにはなりたたないのだ。--親友の市毛梅子が大阪から上京してきた。大阪でシニセの料理屋を血のつながらぬ義兄の虎雄とやっている。東京進出を目論見ている商売上手の女だ。彼女なりに結婚は女性の自由と独立をはばむと考えている。和子は梅子に半次郎に会って結婚を断ってくれと頼んだ。梅子は半次郎に会う。そのとたん、彼女の固い結婚観は崩れてしまった。

「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」の解説

撮影は「軍国酒場」の小林節雄。音楽は塚原晢夫。京マチ子・野添ひとみ・若尾文子・川口浩・菅原謙二・佐分利信らのオールスター・キャスト。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督市川崑
出演京マチ子 野添ひとみ 若尾文子
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 00:01:04

広告を非表示にするには