海の上の君は、いつも笑顔。 作品情報

うみのうえのきみはいつもえがお

谷村美月の笑顔が眩しい、湘南発の青春ストーリー

茅ヶ崎高校2年の成瀬汀は、バスケットボール部のエースだが、密かに想いを寄せる同級生でサーファーの陸の事ばかり考えて、部活に身が入らない。ある日、陸から「サーフィンやるの?」と聞かれ、つい「うん」と答えてしまった汀は、さっそく一人でサーフィンの練習に出るが、あえなく波にのまれてしまう。おまけに、亡き兄の形見のサーフボードを無くしてしまった。汀はボードを探すため、湘南中を駆け回ることになる…。

「海の上の君は、いつも笑顔。」の解説

湘南を舞台に、ひとりの女子高生がサーフィンとの出会いを通して成長していくさまを描いた青春ストーリー。これまではどちらかというと影のある少女役が多かった谷村美月が、前向きで元気な女の子を演じているのが新鮮だ。『ライフ・オン・ザ・ロングボード』、『サンシャインデイズ』と海やサーフィンを愛する人々を温かく描いてきた喜多一郎監督が、自身が愛してやまない茅ヶ崎・藤沢を舞台に、あくまで“普段着の”湘南を描く事に徹したという。両市の支援はもちろんの事、数多くの市民が撮影に参加、飲食店やサーフショップなどもすべて実名で登場するなど、あくまで「リアルな湘南」をカメラに収めた、その徹底ぶりに注目。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年5月9日
キャスト 監督・原作・脚本喜多一郎
出演谷村美月 桜田通 麻宮美果 山本ひかる 甘利はるな
配給 オフィスキタ
制作国 日本(2009)

(c)「海の上の君は、いつも笑顔。」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「海の上の君は、いつも笑顔。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:57:17

広告を非表示にするには