不灯港 作品情報

ふとうこう

とぼけた笑いの中に人間の哀しみが込められた、ハードボイルド喜劇

寂れた港町で漁師として働く万造。平屋の一軒家に一人暮らしで独身、一人で料理して一人で食べる。たまの楽しみといえば、スナックで酒を飲むこと。町役場主催のお見合いパーティに参加するが、寡黙な性格がアダとなって惨敗…。そんなある日、知らないうちに家に上がりこんでいた美津子に惹かれるようになる。彼女のために全てを投げうち、これまでの人生で一番の幸せを噛みしめるが、幸福な日々は長くは続かなかった…。

「不灯港」の解説

内田けんじや李相日(リ・サンイル)、矢口史靖などを輩出した映画監督への登竜門、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)から、またまた新しい才能が誕生した。本作は、第18回PFFスカラシップを手にした、弱冠27歳の内藤隆嗣監督のデビュー作。世界のインディペンデント映画作家が集った今年1月のロッテルダム国際映画祭で上映され、会場を爆笑の渦に巻き込んだという。親の後を継いで漁師を営む、愛を求めてさすらう独身男・万造の悲恋物語は、とぼけた笑いの中に人間の哀しみが込められており、すでに“日本のカウリスマキ”と評す向きもある。クサいセリフと独特の“間”を持たすユニークな演出により紡ぎだされたユニークな演出は見どころ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年7月18日
キャスト 監督・脚本内藤隆嗣
出演小手伸也 宮本裕子 広岡和樹 ダイアモンド☆ユカイ 麿赤兒
配給 クロックワークス
制作国 日本(2009)

(C)PFFパートナーズ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「不灯港」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:57:12

広告を非表示にするには