ぼくとママの黄色い自転車 作品情報

ぼくとままのきいろいじてんしゃ

一生忘れない、初めての冒険

小学3年生の大志は、父親と二人で暮している。母はデザインの勉強のため、パリに留学中。週に一度、母親からの手紙が届くのが大志は楽しみだった。しかし、ふとしたことで、母親がいるのはパリではなく、瀬戸内海の小豆島であることを知ってしまう。どうしてお父さんとお母さんは僕に嘘をついたんだろう?「お母さんに会いにいかなくちゃ」。大志は黄色い自転車に乗り、愛犬アンと共に、横浜から小豆島まで冒険の旅に出た。

「ぼくとママの黄色い自転車」の解説

直木賞候補にもなった新堂冬樹のロングセラー小説を映画化。父と二人暮らしの少年が、自転車に乗って、横浜から小豆島の母親を訪ねていく物語。パリでデザインの勉強中と聞かされていた母親が瀬戸内海の小さな島にいるのでは、と思うようになった大志は、父親に内緒で母に会うための旅に出る。旅の足として大志がまたがったのは、母親がくれた黄色い自転車だった。出演は、武井証、阿部サダヲ、西田尚美ら。大志を演じるのは、『いま、会いにゆきます』で竹内結子らの息子を演じ、母を慕う姿で泣かせてくれた武井証くんだ。監督は、河野圭太、脚本は今井雅子。『子ぎつねヘレン』の監督・脚本チームが再びタッグを組んだ、心温まる感動のドラマ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月22日
キャスト 監督河野圭太
原作新堂冬樹
出演武井証 阿部サダヲ 鈴木京香 西田尚美 甲本雅裕 ほっしゃん。 柄本明 鈴木砂羽 市毛良枝
配給 ティ・ジョイ
制作国 日本(2009)

(C)2009「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.6点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「まる」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-09-27

俳優は結構豪華でいい役者そろえてるのにセリフや間等陳腐でもったいない こてこてに作りすぎていて感情移入できませんでした ウルッとしかけてもそのタイミングでそのアングル?そのセリフ?おしいな~


レビューを投稿する

「ぼくとママの黄色い自転車」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:44:21

広告を非表示にするには