The Harimaya Bridge はりまや橋 作品情報

ざはりまやぶりっじはりまやばし

国境を越える家族愛を描いた、みずみずしい感動作

サンフランシスコに住む写真家ダニエル・ホルダーは、一人息子ミッキーを手塩にかけて育ててきた。しかしミッキーはアメリカを飛び出し、日本の高知県に英語教師として赴任、画家としての才能も発揮していた。その矢先、彼は交通事故で命を落としてしまう。ダニエルには、自分の父を太平洋戦争で失った過去があった。日本への偏見と嫌悪感を持ちながらも自らを奮い立たせ、息子の絵画を持ち帰る決意で、単身高知へ向かう…。

「The Harimaya Bridge はりまや橋」の解説

『リーサル・ウェポン』シリーズや、近作『ブラインドネス』などでその存在感を見せつけるハリウッドの名優、ダニー・グローヴァーがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた本作。彼がその才能を発掘した気鋭の若手映像作家、アロン・ウルフォーク監督が、自らの脚本を基に作り上げた。舞台の大半は四国・高知。ウルフォーク監督は英語教師として高知で暮らした経験があるとのことで、主人公の息子のキャラクターには監督自身の想いが込められていることは間違いないだろう。日本に対して偏見を持つ主人公の眼に映る「外国人から見た日本」が、やがて、人間の優しさ、温かさに触れて変化していくさまが感動を呼ぶ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年6月13日
キャスト 監督・脚本アロン・ウルフォーク
出演ベン・ギロリ 高岡早紀 清水美沙 ダニー・グローヴァー misono
配給 ティ・ジョイ
制作国 日本=アメリカ=韓国(2009)
上映時間 120分

(c)Harimaya Bridge,LLP

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「ヨリ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-07-01

しみじみ 良かったです。人の優しさや自然も美しく、高知は 行った事無いですが、行ってみたくなりました。 ただ一つ、ミソノ の運転シーンだけは 納得出来ません!!

最終更新日:2017-01-27 15:44:29

広告を非表示にするには