銭ゲバ 作品情報

ぜにげば

少年サンデーに連載されて反響を呼んだ、ジョージ秋山のマンガの映画化

貧しく粗暴で醜い青年蒲郡風太郎は、小さいころ母が病気にかかり、金がないばかりに医者にソッポを向かれて死んでしまってからというもの“金のためならなんでもする”という信念を持つに至った。何とか最下層の生活から這い上ろうとする風太郎は、兄丸社長の車にわざとぶつかり、社長の家にころがり込む。姉娘の三枝子から“ウスギタないアニマル”とさげすまれるが、せっかく関係をつけた金ヅルを、そう簡単には逃がそうとはしなかった。彼はこの家で自分の地位を築こうと、醜い妹娘の正美を自分のものにして、恋人の運転手を殺してしまう。その上、社長に取り入るため、悪友と計って、社の給料一億円を襲わせ、彼の力で取り返すという芝居を打ったが…。

「銭ゲバ」の解説

脚本は「女殺し屋 牝犬」の小滝光郎と高畠久の共同執筆。監督は「ドリフターズですよ! 全員突撃」の和田嘉訓、撮影は「残酷おんな情死」の安藤圧平がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督和田嘉訓
出演唐十郎 雷門ケン坊 加藤武 稲野和子 曽我廼家明蝶 緑魔子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「銭ゲバ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-12-29 00:01:46

広告を非表示にするには