真夏のオリオン 作品情報

まなつのおりおん

真夏のオリオンが輝く空の下、生き抜くための戦いは始まる――

1945年夏、沖縄南東海域。日本海軍所属潜水艦イ-77は米海軍の侵攻を防ぐべく、倉本艦長の指揮の下、防衛任務に就いていた。イ-77は倉本の的確な読みによって米軍の輸送艦を撃沈。しかし同じく防衛任務に当っていたイ-81は米海軍の駆逐艦パーシバルに葬られてしまう。親友である有沢・イ-81艦長の最後のメッセージを受け取った倉本は、パーシバル、そして敵艦艦長スチュワートとの戦いに臨むが……。

「真夏のオリオン」の解説

タイトルの「真夏のオリオン」とは、主人公・倉本の恋人、志津子が彼に手渡したオリジナルの楽譜のタイトル。冬の星座であるオリオンが真夏に輝けば、それは船乗りにとって吉兆となるのだという。作品ではそんなオリオンが輝こうとする空の下、米海軍との戦いに挑む潜水艦乗りたちをドラマチックかつリアルに描いていく。玉木宏演じる倉本艦長を中心にイ-77乗員たちが苦境の中を必死に生き抜こうとする姿には、熱い想いがこみ上げてくるはず。また倉本艦長と米駆逐艦のスチュワート艦長との知略にあふれた戦いは手に汗握る展開をみせてくれる。監修・脚色は『ローレライ』等の原作で知られる福井晴敏が務めた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年6月13日
キャスト 監督篠原哲雄
監修・脚色福井晴敏
原作池上司
出演玉木宏 北川景子 堂珍嘉邦 平岡祐太 吉田栄作 鈴木瑞穂 吹越満 益岡徹
配給 東宝
制作国 日本(2009)

(C)『真夏のオリオン』パートナーズ

ユーザーレビュー

総合評価:3.22点★★★☆、24件の投稿があります。

P.N.「ゲゲゲ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-10-04

この作品は、殺しあう戦争の悲惨さだけを訴える作品ではなく、生きる為に戦うという、生命力を感じさせる作品だった!兵器の戦争から、経済という国益の戦争は終わらない!どんなに苦しくても、辛くても、希望はある!死ぬ事はいつでも出来る(回天)なら最後まで生き抜く術はないのか、冷静に考えてみないか?と訴えてる作品だ!人生投げる前に、生きる事を考えてみないか?

最終更新日:2017-01-27 15:43:56

広告を非表示にするには