用心棒市場 作品情報

ようじんぼういちば

「新選組血風録 近藤勇」の小沢茂弘が監督した股旅もの

旅鴉あかねの弥之吉とはやての新吉の初対面は、ある貸元の家であった。血の気の多い新吉は、自分より腕の立つ弥之吉が気に入らない。隣の宿場では、千石屋十兵衛らが酒造組合を作っているが、見附の寅五郎が子分二人をつれて現れたので、戦々兢々。というのも寅五郎が十兵衛の女房に横恋慕したあげく殺害、目明し矢車親分に捕えられて島送りとなっていた極悪人だからだ。二代目目明し矢車の清吉は復讐を恐れ、生きた空もない。寅五郎は酒造屋を次々とゆすり回る一方、呉服屋の美しい女房おときを手ごめにした。おときは自害、良人の金市は半狂人になった。力自慢の熊吉や浪人金井甚左衛門か清吉の助勢を申し出るが…。

「用心棒市場」の解説

「浪人街の顔役」の結束信二がシナリオを執筆、「新選組血風録 近藤勇」の小沢茂弘が監督した股旅もの。撮影は「狐雁一刀流」の山岸長樹。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢茂弘
出演大川橋蔵 松方弘樹 高田浩吉 ミッキー・カーチス 田崎潤 阿部九洲男 多々良純 北条きく子 三島ゆり子
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「用心棒市場」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-09-26 00:01:51

広告を非表示にするには