ピンクパンサー2 作品情報

ぴんくぱんさーつー

クルーゾー警部が帰って来た! パワーアップしたスティーヴ・マーティン主演のヒット・コメディ第2弾

世界各地で名宝が盗まれ、現場に「トルネード」のカードが残されていた。トルネードはかつての怪盗だが、姿を消して10年がたっていた。それなのになぜ? トルネード逮捕のために各国精鋭の捜査官によるドリームチームが結成される。フランスからは国の宝であるダイヤモンド「ピンクパンサー」を守るため、あのクルーゾー警部が参加。しかし天然のお騒がせ男クルーゾーは、捜査を大混乱させてしまう。

「ピンクパンサー2」の解説

「クルーゾー警部といえばピーター・セラーズ」というオールド・ファンもいるだろうが、マーティンのクルーゾーぶりも2作目になり、ますます板についてきた。今回はかつての怪盗を追うというセラーズ版『ピンクパンサー2』と似たプロットだが、リメイクではなくまったくの新作。しかし、クルーゾーが交通違反の取締りをしているエピソードなど、旧作へのオマージュもささげている。各国の腕利きの捜査官が、イタリアからは女たらし、日本からはコンピュータおたくと、典型的な「外国人」なのはコメディのお約束。子供でもわかる身体をはったギャグは、かなりベタながらも、このご時世でも安心して笑える貴重なコメディだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年4月11日
キャスト 監督ハラルド・ズワルト
脚本・出演スティーブ・マーティン
出演ジャン・レノ ジョン・クリーズ アルフレッド・モリーナ アンディ・ガルシア 松崎悠希
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2009)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-04-20

リメイクでもパロディでもない、新シリーズの第二作。一作目と比較し、キャストがぱっとしないのは目を瞑るとしても、脚本に工夫がなく、笑えないタイプのギャグが多いのはどうかと。前作にはまだ、ピンクパンサーをワールドカップの勝利のシンボルにする、という、気の利いたオリジナリティがあったんだが。

最終更新日:2020-09-17 19:02:11

広告を非表示にするには