ホルテンさんのはじめての冒険 作品情報

ほるてんさんのはじめてのぼうけん

生真面目な運転士が、人生初の遅刻をきっかけに……

オスロに住むホルテンは鉄道の運転士。規則正しい生活を心がける彼の生活も今週末で定年を迎える。いよいよ退職前夜、同僚が送別会を開いて勤続を表彰してくれるが、彼は翌朝の勤務に備えて早く帰ろうとする。だが、誘われて二次会へ。タバコを買いに出かけて戻ると、マンションに入れなくなってしまった。工事用の足場を伝って他人の部屋に侵入するも、そこで眠りこけてしまい、翌日運転するはずの列車に遅れてしまう…。

「ホルテンさんのはじめての冒険」の解説

鉄道一筋40年の生真面目な運転士ホルテンさんが、定年退職の日に人生で初めての遅刻をしてしまったから、さあ大変! その“事件”をきっかけに、ホルテンさんの冒険が始まる。老人ホームに母親を訪ね、空港内で右往左往し、夜、無人のプールで泳ぎ、“目隠しドライブ”が得意という不思議な老人と出会い…。滑稽な中に哀しさを帯びたシチュエーション、セリフは少なく無表情なのに、なぜか滑稽で笑ってしまう、愛すべきキャラクターたち――。カウリスマキ作品にも通じる、ベント・ハーメル監督(『キッチン・ストーリー』)独特のユーモアに満ちた作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年2月21日
キャスト 監督・脚本ベント・ハーメル
出演ボード・オーヴェ ギタ・ナービュ エスペン・ションバルグ ヘンニー・モーアン ビョルン・フロベリー
配給 ロングライド
制作国 ノルウェー(2007)
上映時間 90分

(c)2007 COPYRIGHT BulBul Film as ALL RIGHTS RESERVED

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ホルテンさんのはじめての冒険」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:56:11

広告を非表示にするには