十年愛 作品情報

じゅうねんあい

倉科遼原作の、官能純愛ストーリー

高校3年の夏、サッカー部のマネージャー麻里(桜井まり)は、憧れの主将・高木弘也(末野琢磨)が最後のPKを決め、優勝すると信じていた。しかしサッカー部は優勝を逃してしまう。それまでサッカー部主将で人気を一人占めしていた高木だが、最後の試合を境に友達も恋人も失う負け犬となる。そんな高木を心から愛する麻里は、高木のために愛の捌け口となることを決心する。卒業して離ればなれになったふたりは、10年後ホストと風俗嬢として再会、ふたたび愛の奴隷劇が始まるのだった。

「十年愛」の解説

「夜王」「女帝」などで知られる倉科遼が書き下ろしたケータイ配信用漫画を映画化。主演には人気グラビアアイドル・桜井まり。13歳で恋に落ちた男を10年間思い続けるヒロイン・根本麻里を熱演している。もちろん、大胆なヌードを披露して濡れ場を演じている。相手役の高木弘也には『すんどめ!』などの末野琢磨。そのほか、2000年フジテレビ・ビジュアルクイーンの川村亜紀、元プロボクサーの薬師寺保栄など、多彩なキャストが脇を固めている。倉科作品の持ち味であるエロティックな描写の中に、切ないラヴストーリーの要素を盛り込んだ新たな世界観が面白い。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年11月1日
キャスト 監督植田中
原作倉科遼 藤原ひさし
出演桜井まり 末野卓磨 川村亜紀 鈴木砂羽 薬師寺保栄 橘ユキコ
配給 テンダープロ
制作国 日本(2008)
年齢制限 R-18

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「十年愛」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-19 00:01:50

広告を非表示にするには