ロック誕生 The Movement 70’S 作品情報

ろっくたんじょうざむーぶめんとせぶんてぃーず

1970年代初頭に起こったロック革命。伝説の創成期。発掘された貴重なフィルムで綴る、日本のロックパイオニアたちのライヴ・ドキュメント

ビートルズやローリング・ストーンズに触発された和製ビート・グループのムーブメントである“グループサウンズ(GS)”は、67年から68年にピークを迎える。200近いGSがデビューし社会現象とまでなったが、69年には下降していく。同時期、芸能界主導の歌謡曲から脱皮できなかったGSに見切りをつけ、サイケデリックやアートロックと呼ばれた欧米の新しいロックに呼応した“オリジナルの和製ロック”を創造するアーティストが登場し始める。多種多様なロックで個性を競い、日比谷野音などで自主コンサートが企画された。長髪の若者たちを熱狂させた陶酔の音楽。その潮流を総称して「ニュー・ロック」と呼んだ。本作は、ニュー・ロック次代から数年間、日本にロックが定着し始める70年代前半のライブ映像を集め、関係者の証言をまとめたものである。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月25日
キャスト 監督村兼明洋
出演内田裕也 ミッキー・カーチス 近田春夫 中村とうよう 加納秀人 森園勝敏 フラワー・トラヴェリン・バンド 頭脳警察 はっぴいえんど イエロー 遠藤賢司 ハルヲフォン
配給 「ロック誕生」Partners、日本出版販売
制作国 日本(2008)
上映時間 75分

(c)2008「ロック誕生」Partners

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ロック誕生 The Movement 70’S」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:59

広告を非表示にするには