悲しいボーイフレンド 作品情報

かなしいぼーいふれんど

昔の恋人に会いたいとは思いませんか?

37歳、独身の岩津は、製薬会社の営業部課長。上司と部下に挟まれながら中間管理職として、日々の仕事に追われていた。ある日、岩津の携帯に「卒業アルバムを見た」と言う謎の電話がある。電話したのは、香奈という見知らぬ少女だった。訳が分からぬまま、香奈に誘われ、神戸・三宮まで強引に連れて行かれる岩津。気がつくと、岩津はまるで8mm映画を観るかのように青春時代の思い出の地を辿って行っているのだった。

「悲しいボーイフレンド」の解説

映像と音楽のコラボレーション・ムービー、シネ・ムジカシリーズ最新作。本作が初の単独主演となる寺脇康文を主演に迎え、誰もが胸の奥に秘める初恋や学生時代の思い出を渡辺美里の名曲に乗せ、ポエジーに描く。日々の仕事に追われ、自分を見つめることもなくなった岩津の前に謎の少女が現れる。誘われるがまま旅に出ると、そこには忘れかけたかつての自分との再会が待っていた。謎めいた少女を演じるのは、『櫻の園-さくらのその-』でも女子高校生をフレッシュに演じた寺島咲。また、シネムジカ・オーディションで見事勝ち抜いた上田結が新人とは思えない堂々とした演技で初々しい魅力を放っている。監督は、『ブラブラバンバン』の草野陽花。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年2月21日
キャスト 監督・脚本草野陽花
出演寺脇康文 寺島咲 清水くるみ 上田結 内山理名
配給 ジョリー・ロジャー
制作国 日本(2008)

(C)2008「悲しいボーイフレンド」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「悲しいボーイフレンド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:59

広告を非表示にするには