マカオの竜 作品情報

まかおのりゅう

戸川幸夫の原作を、江崎実生が監督したアクションもの

横浜の国際港に、三十万ドル入りのスーツケースをさげたマカオの竜がおりたった。香港の宝石会社から依頼され、盗まれた数億円のダイヤの行方を追って日本にやってきたのだ。竜が探し求めているヒンズー教の名宝“ヒマラヤの星”は最初、密輸グループ塚田一派によって日本に運びこまれたものの、湾内でたちまち海賊会津一味に襲撃され、いまでは会津の手中にあった。が、そんなこととは露知らぬ竜は、塚由が経営するクラブ“シーホーク”に乗りこみ塚田から六千万円でダイヤを買いとる約束をした。そして、その帰途、竜は街のチンピラに襲われそうになったバレエ教室の教師奈美を救ってやった。奈美は二年前死んだ塚田船舶の船長の娘で、今は会津にだまされ女スパイを強いられていたのだ。

「マカオの竜」の解説

戸川幸夫の原作を、「怪盗X 首のない男」の山崎巌と「黒い賭博師 ダイスで殺せ」の江崎実生が共同でシナリオを執筆、江崎実生が監督したアクションもの。撮影は「未成年」の横山実。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督江崎実生
出演小林旭 宍戸錠 佐野茂夫 十朱幸代 弓恵子
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マカオの竜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:53

広告を非表示にするには