キッド 作品情報

きっど

チャップリン氏の逆境時代の経験談であると言われている作品

チャップリン氏が「一日の行楽」を発表したのは1919年の12月であった。以来1年間この映画1本の製作に全力を挙げてようやく完成を見たのは1921年の1月である。対手は今までと同じくエドナー・パーヴィアンス嬢、トム・ウィルスン氏等、そのほか新にキッドの役を6歳のジャッキー・クーガン君が演じているが、この映画における成功のためクーガン君は一躍スターとなって「ペックの悪戯小僧」を作ったことはかつて報道した通りである。「これは喜劇ではない立派な劇である」と米誌が評した程落ち着いた気分が出ているようで、チャップリン氏の逆境時代の経験談であると言われている。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・出演チャールズ・チャップリン
出演カール・ミラー エドナ・パーヴィアンス ジャッキー・クーガン
制作国 アメリカ(1921)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-01-13

監督チャールズz・チャップリンの貧乏物語でも在る本篇の描写のリアリティーは神業級。いつ見ても素晴らしい珠玉のサイレント・ムービー

最終更新日:2022-01-18 16:00:05

広告を非表示にするには