関東おんな極道 作品情報

かんとうおんなごくどう

今岡和夫がシナリオを執筆し、「秘録おんな蔵」の森一生が監督したもの

江島組組長大三郎が、関東大成会の刺客に殺されると、娘美樹は父の霊前に真の任侠道を守り抜くと誓った。だが大成会の元山らは、美樹をあなどり、江島組の二代目襲名まで指図しようとした。勝気な美樹は敢然と大成会に反目したものの、多勢に取巻かれてはどうしようもなかった。この急場を救ったのは、六連発の女大閣と異名をとる天満屋お六だった。お六は、美樹の気っぷと度胸に惚れこんでいたのだ。だが江島一家の縄張りを狙う大成会は、陰に陽に美樹を襲った。美樹を慕う代貸若松には金で誘惑し、美樹が藤吉と共に同経営するスーパーマーケットやレンタカーに嫌がらせをくりかえした。やがて、美樹が大成会幹部滝沢らに捕まり…。

「関東おんな極道」の解説

撮影は「眠狂四郎悪女狩り」の武田千吉郎。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演安田道代 宮城千賀子 渡辺文雄 戸浦六宏
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「関東おんな極道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:58

広告を非表示にするには