天守物語 作品情報

てんしゅものがたり

天守に住む魔性の女と一人の若侍の恋の顛末を描いたファンタスティック時代劇

別名“白鷺城”と呼ばれる播州姫路城の天守には、伝説の金の眼の獅子頭とその不思議な力で生きる魔性の女たちが住んでいた。秋のある日、天守の主人・富姫は下界の者たちの鷹狩りのあまりの騒々しさに辟易し、夜叉ケ池の白雪姫に嵐を依頼する。突然の豪雨に流される人間たちを見て、富姫はしゃぎ楽しむのだった。そんな彼女のところへ、猪苗代に住む妹・亀姫が舌長姥と朱の盤坊を伴ってやって来る。亀姫が土産に持参した猪苗代の城主の首を見ながら、話に花を咲かせる富姫たち。さらに彼女たちは手毬遊びに興じ、一時を過ごすのだった。亀姫の帰り際、富姫は城へ戻る鷹狩りの一行から霊力を使って獲物の鷹を奪い取り、妹に土産として持たせてやるが…。

「天守物語」の解説

原作は泉鏡花の同名戯曲。監督はこれが監督3作目になる坂東玉三郎で、舞台でも何度となく演じた富姫役で主演もこなしている。共演は94年の舞台版にも出演の宍戸開と宮沢りえ。殆ど天守のセットの中で物語が展開する。松竹創業100周年記念作品。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・出演坂東玉三郎
出演宍戸開 宮沢りえ
制作国 日本(1995)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天守物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-10-06 00:01:31

広告を非表示にするには