サンシャインデイズ 劇場版 作品情報

さんしゃいんでいずげきじょうばん

70年代の湘南に花開いた、若者文化を描く青春群像劇!

1978年、茅ヶ崎。弟のリュウと兄弟デュオ「BB」を結成するサッチンは、パシフィックホテルでのバイト中に、神宮寺ひかりをナンパする。実は彼女、ホテルのオーナー一族の娘で、公家の血を引く超お嬢様。鳴かず飛ばずの兄弟が金も住む家もないと知ったひかりは、2人を用心棒代わりに家に住まわせる。お調子者のサッチンは、さらに神宮寺家の庭にある物置小屋を改装し、勝手にカフェをオープンさせてしまう。そんな兄弟や仲間たちと過ごすのが楽しくて仕方ないひかりは、カフェを手伝い始め…。

「サンシャインデイズ 劇場版」の解説

実在した伝説の湘南コミュニティー「カフェBB」を舞台にした、青春群像劇。70年代の音楽やファッションなど、当時の若者湘南文化を忠実に再現しており、その頃ブイブイ言わせていたクチには堪らないはず。また当時を知らない今の若者は、学園紛争が終了し、唐突に手に入った自由を持てあましつつも楽しいことを貪欲に求める彼らが、うらやましく見えるのでは。最近はバラエティ番組でも活躍中の斉藤慶太、透明な歌声を披露してくれる注目の新人・初芝嵩史、純真なお嬢様を上品に演じた西原亜希ら、若手俳優の共演にも注目。なかでもヒロインの幼なじみのプロサーファーを演じた、窪塚俊介が最高! 不思議なカリスマ性のある好青年を、さらりと好演している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年5月31日
キャスト 監督喜多一郎
プロデュース・脚本堀江慶
出演西原亜希 初芝崇史 斉藤慶太 窪塚俊介 三津谷葉子 松田悟志 浅利陽介 竹本孝之 大杉漣
配給 ゼアリズエンタープライズ
制作国 日本(2008)
上映時間 106分

(C)2008 Sunshinedays Contents Committee

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サンシャインデイズ 劇場版」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:41

広告を非表示にするには