クレーマー case1 作品情報

くれーまーけーすいちわん

姿の見えない相手から追いつめられる恐怖を描く

飲料会社のお客様相談係で電話クレーム対応をしている継村尚人は、その仕事ぶりから社内で一目置かれる存在。ある日、継村はナイトウと名乗る男から奇妙なクレームを受ける――「新発売のミネラルウオーターに虫が混入していた」。これまで通りの対応をする継村だったが、ナイトウにはまったく通用しない。そればかりか、電話は自宅にもかかってくるようになる。姿の見えない相手に対し、次第に苛立ちを募らせる継村。そんな時、恋人が突然失踪してしまう…。

「クレーマー case1」の解説

“クレーマー”とは、企業などを対象に、製品、商品に対して苦情を申しつける際に加害者を演じ、時には脅しと思えるような行為に及ぶ者。本作は、そんな顔の見えない相手から次第に追い詰められていく恐怖を描いたサスペンスホラーだ。決して他人事ではない、日常に潜むひとつの恐怖として観ると、思わず主人公に感情移入してしまうかもしれない。クレーム処理係・継村を演じるのは、「カミュなんか知らない」(06)「どこへ行くの?」(08)などで、心に闇を持つ青年を好演した柏原収史。本作でも精神的に追い詰められ、異常な行動をとってしまう主人公を熱演している。監督は「東京国際ファンタスティック映画祭」のデジタルショートアワードでグランプリに輝いた金子大志。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年4月12日
キャスト 監督金子大志
出演柏原収史 平田弥里 しほの涼 長澤奈央
配給 アートポート
制作国 日本(2008)

(C)2008 アートポート

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「クレーマー case1」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:26

広告を非表示にするには