純喫茶磯辺 作品情報

じゅんきっさいそべ

不器用な父としっかり者の娘の、ハートフルコメディ

高校生のひとり娘・咲子と公団で暮らしている磯辺裕次郎。急死した父が遺した多額の遺産を手にした彼は仕事を辞め、何の計画性もなく「女にモテたいから」という不純な動機で“純喫茶磯辺”をオープン。咲子も夏休みの間、店を手伝う事になった。そんな時、バイト募集を見た素子が来店、裕次郎はそれまでいたバイトをクビにしてしまう。それからというもの、素子目当てのひと癖もふた癖もありそうな客たちが集まるようになる。

「純喫茶磯辺」の解説

勘違い甚だしく、テキトーな性格のダメ親父。そんな父親を優しく見守るしっかり者の娘―すっとぼけた雰囲気が魅力の、独特の世界観を醸し出す吉田恵輔監督(『机のなかみ』)による本作は、クセ者たちを適材適所に配した傑作コメディだ。『蛇イチゴ』以来6年ぶりの単独主演となった宮迫博之が、無謀&楽観的に人生を再スタートさせる父親役を好演。娘・咲子を演じるのは、『ちーちゃんは悠久の向こう』が記憶に新しい仲里依紗。さらに、本作でメイドコスプレ姿を披露した麻生久美子は、これまでのイメージを大きく覆すキャラクターを演じていて新鮮に映る。クライマックスで発する衝撃のセリフに要注目だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年7月5日
キャスト 監督・脚本・編集吉田恵輔
出演宮迫博之 仲里依紗 濱田マリ 近藤春菜 ダンカン 和田聰宏 ミッキー・カーチス 斎藤洋介 麻生久美子
配給 ムービーアイ エンタテインメント
制作国 日本(2008)
上映時間 113分

(C)2008『純喫茶磯辺』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「泣ける映画大好き」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2008-07-07

面白かったです。さすが、「机のなかみ」の監督の作品だと思いました。笑える場面がたくさんありましたし、結構切なくなる場面もあり、泣けませんでしたが、わりと良かったです。また、仲里依沙も麻生久美子もかわいかったです。

最終更新日:2017-01-27 15:44:51

広告を非表示にするには