黒い家 作品情報

くろいいえ

その家には、黒い闇が待っていた…… 韓国で大ヒットを記録したサイコホラー

生命保険会社の査定員チョン・ジュノは、面識のない顧客パク・チュンベからの指名を受け、彼の自宅を訪問。そこでジュノはチュンベの息子の自殺死体を発見する。チュンベは息子の保険金の支払いを要求するが、ジュノはチュンベが保険金殺人を犯したのではと疑い、警察へと掛け合う。その後ジュノが再びチュンベの家に向かうと、そこにはチュンベの妻、イファの憔悴した姿があった……。

「黒い家」の解説

第4回日本ホラー小説大賞を受賞し、日本でベストセラーとなった貴志祐介のホラー小説「黒い家」。1999年に森田芳光監督によって映画化されたこの小説が、今度は韓国で映画化された。生命保険会社の査定員が1件の事件をきっかけに深く黒い罠へと堕ちていく姿を、じりじりとした恐怖と共に描く。主人公の査定員チョン・ジュノに扮するのは、『ユア・マイ・サンシャイン』のファン・ジョンミン。心にトラウマを抱える実直な男を、誠実な演技で表現した。難役イファを演じたユ・ソンも印象的な演技を見せてくれている。監督は本作が本格的な商業映画デビューとなるシン・テラ。ドラマ性と恐怖を上手く両立させ、韓国での大ヒットへと導いた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年4月5日
キャスト 監督シン・テラ
出演ファン・ジョンミン カン・シニル ユ・ソン キム・ソヒョン
配給 角川映画
制作国 韓国(2007)
年齢制限 R-15
上映時間 104分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「黒い家」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-03 00:01:36

広告を非表示にするには