砂の影 作品情報

すなのかげ

愛しかない部屋で、彼女は恋人を待った。

OLのユキエは、大学時代からの恋人、玉川と婚約していた。がらんとしたユキエのアパートで、時間を持て余しながら、二人は愛し合っていた。老舗旅館の女将である玉川の母親から、跡を継ぐよう迫られるユキエ。そんなユキエは、会社で倉庫を自室にしている風変わりな真島という男に好意を寄せられていた。ある日、会社からよく効くという精力剤を持ち帰ると、玉川は一気に飲んでしまう。風呂に浸かった彼の体は冷たくなっていた…。

「砂の影」の解説

西島秀俊主演のデビュー作、『すべては夜から始まる』で、類稀な美しい世界観が評価された甲斐田祐輔の作品。初めてプロフェッショナルな技術陣をスタッフに迎え、全編が8ミリで撮影された。日中は会社に勤め、噂好きな同僚を疎ましく感じながら、プライベートでは恋人とアパートで蜜月のような生活を続けるOL、ユキエを淡々と綴っている。必要以上のセリフも音楽もないが、粒子の隙間から溢れる密度は、8ミリフィルム独特の質感と緊張感がある。主演は、「時効警察」のコミカルな演技で知られる江口のりこ。また、『プルコギ』のARATA、劇団ポツドールの米村亮太郎、そして、光石研、山口美也子ら個性派が脇を固めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年2月2日
キャスト 監督・脚本甲斐田祐輔
撮影たむらまさき
出演江口のりこ ARATA 米村亮太郎 矢吹春奈 鈴木卓爾 岡部尚 Merii 創太郎 足立正生 光石研 山口美也子
配給 スローラーナー
制作国 日本(2008)
上映時間 76分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「砂の影」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:53:52

広告を非表示にするには