ラスト、コーション 作品情報

らすとこーしょん

戦中の上海を舞台にした禁断の愛…。ヴェネチア映画祭グランプリ受賞作品

日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。その時、イーが突然上海に帰ったことで計画は流れたが、レジスタンス活動を行う組織は、上海に戻っていたワンに再びイーの暗殺計画への協力を求める。ワンはイーに近づき、彼の愛人になることに成功。やがて二人は…。

「ラスト、コーション」の解説

人の間に揺れ動く細やかな感情を描かせたら、右に出るものがない作品を作り上げるアン・リー。その彼が『ブロークバック・マウンテン』に続いて選んだのは、敵に愛を感じるようになった女スパイの物語だ。話題となった二人のセックスシーンはかなり激しいが、二人が出口のない現実から唯一解放される瞬間を表すために、この作品にはなくてはならないものだ。特務機関のボスを演じるトニー・レオンは、いつもの好青年とはがらりとイメチェンした老け役で新境地を開いている。しかし何といっても主人公のワンを演じる新人タン・ウェィの演技が抜群にいい。派手なアクションは皆無だが、上映時間二時間半という長さを少しも感じさせない充実作だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年2月2日
キャスト 監督アン・リー
原作アイリーン・チャン
出演トニー・レオン タン・ウェイ ワン・リーホン ジョアン・チェン トゥオ・ツォンホァ
配給 ワイズポリシー
制作国 アメリカ=中国=台湾=香港(2007)
年齢制限 R-18
上映時間 158分

(C)2007 HAISHANG FILMS/WISEPOLICY

ユーザーレビュー

総合評価:4.62点★★★★☆、13件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-30

そしてロドリゴ・プリエトの流麗なカメラワークの優れた本編ですが、李安監督は二枚目のトニー・レオンに殺し文句を吐かせてもいる。宝石店で輝くリングを指先するのを見詰めて「其の逸品には興味は無いんだ、其れを身に付けた君だけに興味が有るんだ!」と。そんな事を云われた彼女の顛末は言うまでも無い…

最終更新日:2019-10-11 10:26:08

広告を非表示にするには