歓喜の歌 作品情報

かんきのうた

市井の人々の喜怒哀楽を綴った、ハートフルな音楽喜劇

町の文化会館に勤める飯塚主任は、半年前に市役所から飛ばされてきた典型的なダメ公務員だ。年も押し迫った12月30日の朝、飯塚主任は1本の電話を受ける。それは大晦日の夜に予定している「みたまコーラスガールズ」のコンサート予約確認の電話だった。その横で部下の加藤が青くなっていた。というのは大晦日には「みたまレディースコーラス」の予約も受けていたからだ。さあ、緊急事態発生!「どうせオバさんたちの暇つぶしだから大丈夫だろう」とどこまでも楽観的な主任だったが…。

「歓喜の歌」の解説

「今もっともチケットの取れないアーチスト」と言われる落語家・立川志の輔の傑作落語「歓喜の歌」を映画化。文化会館のダブルブッキングから巻き起こる騒動を、12月30日、31日の二日間の出来事に凝縮させ、お笑いして最後にホロリと泣かせるハートフルなドラマに仕上げた。「こんなダメダメな公務員、たくさんいそう」と思わせてしまう情けない主任を小林薫が好演。最後に家族や仲間にちょっとだけ“いいところ”を見せるところなど、『Shall we ダンス?』に通じるところもある。「第9」や「竹田の子守唄」「ダニーボーイ」など、本物のママさんコーラスグループが参加してのコンサート・シーンは本格的だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年2月2日
キャスト 監督・脚本松岡錠司
出演小林薫 安田成美 伊藤淳史 由紀さおり 浅田美代子
配給 シネカノン
制作国 日本(2007)

(C)2008「歓喜の歌」パートナーズ

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「海の家の住人」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-03-02

『もののけ姫』やTV番組の『美の巨人』などで小林薫の声やひょうきんなんだけど、饒舌なしゃべり方が気に入ってました。この映画で小林薫そのものにもハマりました。ここまで人の笑いを誘えるような俳優は小林薫以外にいないとさえ思いました。これかれも色々な笑いを見いだせる小林薫であってほしいと心から願います。


レビューを投稿する

「歓喜の歌」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:44:56

広告を非表示にするには