眠狂四郎 卍斬り 作品情報

ねむりきょうしろうまんじぎり

「刑務所破り」の池広一夫が監督したシリーズ第十四作目

眠狂四郎は、岸和田藩家老内藤主水から主君寵愛の女理江を殺すよう頼まれたことから、老中の座をめぐる岸和田、薩摩両藩の争いに巻き込まれた。薩摩の暗殺団隠密党に襲われた狂四郎はその一人混血の剣士梅津一郎太におのれの姿をみた。江戸屋敷で薩摩の間者理江を犯した狂四郎は亡き母の面影をその面上にみるのだった。

「眠狂四郎 卍斬り」の解説

「牡丹燈籠」の依田義賢が脚本を執筆し、「刑務所破り」の池広一夫が監督したシリーズ第十四作。撮影は「眠狂四郎円月殺法」の武田千吉郎が担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督池広一夫
出演松方弘樹 南美川洋子 松岡きっこ 田村正和
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「眠狂四郎 卍斬り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-17 00:01:09

広告を非表示にするには