魍魎の匣(もうりょうのはこ) 感想・レビュー 2/2ページ 30件

もうりょうのはこ

P.N.「ゆり」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2007-12-24

原作と違いすぎてびっくりしました。
それと、グロテスクすぎて…
前作の方が良かったです。京極堂の雰囲気が全くなくて悲しかった。ファンの方は余計に楽しめないと思います。

P.N.「dahlia」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-12-24

映画『魍魎の匣』としては面白かったと思います。原作通りを望んだ方には良い結果では無かったかもしれませんが。 原作の長さから映画かは常識的に無理だと思っていたんですが、斬新的に脚本を変え、それでも【魍魎とは何か?】と言う本筋をちゃんと理解できる作品に作り上げていたので、私は良かったと思いますよ。原作通り少しも変えず撮影となると、カットだらけな作品になっていたと思いますし。
そうなっても、どんな作りであれ不満を垂れた方が存在したでしょうし。
これから映画を見ようと思っている方は、余り原作通りを期待していると楽しめないと思います。本ではなく、映画『魍魎の匣』である事を理解した上、獲られた情報(魍魎が何であるか)を原作と重ね、同じ感想を抱ければ、十分に楽しめる作品だと思いますよ。
ディテールの作りが細かくて、私的には嬉しかったですね!京極夏彦が映画に抱いた感想も納得できました。特に、冒頭には期待外れな場面始まりで驚いたものの、ある場面が、本『魍魎の匣』の表紙を思い出させる物で、私は先の物語がいくら原作とは味を変えていても好感を持てると思いました。視点を変えて、相手がどう見えるか読み取ることができる人には、倍楽しめるでしょう。強いて不満を言うなら、メインのやり取りがコメディ風であった事。これはこれで楽しかったのですが、関君の鬱々しさがいまいち分からかったかな?まぁ、椎名なので許せますが(笑)不満のある方もいる様ですが、脚本を変える事は少なからず問題が生じる物です。ですが、本をよく理解した上でないと同じ答えを導き出せる作品は作れない事を理解した方が良いと思います。私的には良かったです。(--;)役に立てばいいのですが…

P.N.「座敷童」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2007-12-24

ぶっちゃけイマイチです。
以前の脚本・監督さんじゃないからかもしれませんが、生々しい程に生々しく表現されているので直視できない場面が多々ありました。原作と、かなりかけ離れた部分があったりと、何だか腑に落ちない感が残ってしまう映画でした(T_T)
京極夏彦のファンとしては、残念な映画です。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2007-12-24

どこの国の、何時の時代の話なんだろう。50年代の日本が舞台らしいが、まるで大正時代を舞台にしたレトロなSF漫画のようだった。前作もミステリーとしては難があったが、少なくとも自然にゴシックな雰囲気に引き込んでしまうだけの、演出力はあった。だがこの映画は人物描写がコメディタッチすぎて、最後までミステリーともホラーとも思えなかった。狙ってやったとしても「遊びすぎ」。自主製作映画だとしたら佳作だと思うが…。

P.N.「ミツル」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2007-12-23

前作よりは良かったんだけど、うーんって感じです。相変わらずグロいし…;
なんか、自分が思ってたキャラのイメージと実写が違いすぎてて、ちょっとしょんぼり…。でもホント姑獲鳥よりは絶対面白いです!!
ただ、ある雑誌にクドカン脚本って書いてあったからすごい楽しみにしてたのに、ガセネタだった事が一番しょんぼりでした。

P.N.「ぽろん」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2007-12-23

原作を読んでない人にはオススメできません。原作を読んでいない私はかなりがっかりでした。
はっきり言ってわけがわからず、面白さが全く伝わってきませんでした。

とりあえず金返してほしい

P.N.「ひみ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-12-22

京極さんも小説と映画は別なもの、とはっきり言っていたので、比較的に見ないで「映画」として見ればとても良いできだと思いました。話がラストに向かって収まって行くのも良かったし、京極堂、関口君、榎木津、木場のそれぞれの絡みがとても笑えました。原作を読んでいない友人と行ったのですが、楽しかったと言っていたので読んでない人にも大丈夫だと思います。次作もこのスタッフでやって欲しいと思いました。

P.N.「かのえ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2007-12-19

映画としては面白かったです。原作ファンだと多少不満なところが…
話の進みは早いですが、急すぎず、テンポよく進んでいくので解りやすいと思います。
ただ雰囲気が京極堂の世界からはかけ離れてしまっていて。キャラもイメージに合わなくて、違和感だらけでした。
でも話の構成も演出もバランスよくできていて(特に前半)、前作とは比べものにならないほど良かったです。

P.N.「まゅ坊」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-12-19

やっぱり原作がよすぎたので、比較すると話の構成などが、結構がっかりしてしまった。
努力は感じたけど。

前作でよかった田中麗奈が微妙な演技なってたのがひいた。
人物同士の会話はコミカルで結構よかった(笑)
全体的によくもわるくもコメディ色が強いです。

P.N.「慎アスカ」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2007-12-13

最悪の作品です。
せっかくの京極夏彦の最高傑作が台無しです。
原作とはまるで別物。
話しの盛り上がるポイントを事々く省いてしまってあるので何等楽しみもなく、前作で作り上げられたキャラが完璧に忘れられてるし、素がいいのだから小説に忠実にやるべき。
タイトルに魍魎の匣なんて使って欲しくない。別物。前作の感じの方が京極夏彦の世界だった。

最終更新日:2021-02-18 11:06:49

広告を非表示にするには