青春の蹉跌 作品情報

せいしゅんのさてつ

野望を持って社会に挑戦した青年の、情熱、孤独感、焦燥、そして破滅に至るまでの生きるための闘いを描く

A大学法学部に通う江藤賢一郎は、学生運動をキッパリと止め、アメリカン・フットボールの選手として活躍する一方、伯父・田中栄介の援助をうけてはいるが、大橋登美子の家庭教師をしながら小遣い銭を作っていた。やがて、賢一郎はフットボール部を退部、司法試験に専念した。登美子が短大に合格、合格祝いにと賢一郎をスキーに誘った。ゲレンデに着いた二人、まるで滑れない賢一郎を背負い滑っていく登美子。その夜、燃え上がるいろりの炎に映えて、不器用で性急な二人の抱擁が続いた。賢一郎は母の悦子と共に成城の伯父の家に招待された。晩餐の席、娘・康子と久しぶりに話をする賢一郎。第一次司法試験にパスした賢一郎が登美子とともに歩行者天国を散歩中、数人のヒッピーにからまれている康子を救出したことから、二人は急速に接近していった。

「青春の蹉跌」の解説

脚本は「濡れた荒野を走れ」の長谷川和彦、監督は「鍵(1974)」の神代辰巳、撮影も同作の姫由真左久がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督神代辰巳
出演萩原健一 桃井かおり 檀ふみ 河原崎建三 赤座美代子
制作国 日本(1974)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-22

本篇原作者の石川達三の映像化テレビドラマの〈ザ・スキャンダル 老教授と女子大生 謎の四日間〉を視聴した。老教授に三國連太郎,女子大生を三浦リカが好演した。双方の主張に即して二通りの映像がcontrastされる作り方は何処か黒澤明監督の名篇〈羅城門〉を連想させるんだなあ

最終更新日:2020-10-19 18:14:28

広告を非表示にするには