ペレを買った男 作品情報

ぺれをかったおとこ

伝説のドリームチーム「ニューヨーク・コスモス」。その一瞬の奇跡を描くドキュメンタリー

サッカーがメジャースポーツとして根付いていないアメリカでは、サッカーリーグはマイナーな存在だった。しかしワーナー・コミュニケーションズが、ニューヨーク・コスモスに出資し、巨額な契約金でペレを入団させたことから状況は一変。さらにベッケンバウアー、トーレス、キナーリャといった有名選手がコスモスに加わり、70年代後半にはスタジアムを満員にさせるほどサッカー人気は高まったが、その凋落は意外に早かった。

「ペレを買った男」の解説

ワールドカップが行われる度に、「サッカーに関心のないアメリカ」というニュース映像が流れるほど、サッカー熱と無縁な国アメリカ。しかしほんの一瞬にせよ、アメリカのサッカーリーグに有名選手が集まり、試合がテレビ放映されていた時期があったのだ。本作は、現在のレアル・マドリードを思い起こさせる、このドリームチーム「ニューヨーク・コスモス」の盛衰の歴史を描いたドキュメンタリーだ。70年代のヒット曲にのせて、当時の記録映像や関係者へのインタビューをテンポよくまとめている。今も続く、金に物を言わせたサッカーバブル時代に対する批判も含め、予備知識がない人も楽しめる内容になっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年12月8日
キャスト 監督ジョン・ダウアー ポール・クロウダー
ナレーションマット・ディロン
出演スティーブ・ロス ペレ カルロス・アウベルト・トーレス フランツ・ベッケンバウアー ジョルジョ・キナーリャ
配給 トルネード・フィルム
制作国 アメリカ=イギリス(2006)
上映時間 97分

(C)GreeneStreet Films LLC.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ペレを買った男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:53:17

広告を非表示にするには