ヴィーナス 作品情報

う゛ぃーなす

まばゆいばかりの白い肌に魅せられて

かつて数多の女性たちと浮き名を流したベテラン俳優のモーリスも老境に入り、今では端役の仕事を細々と続ける一人暮らしの孤独な身の上だ。そんなたそがれ気味の日々に、親友イアンの年若い姪ジェシーが出現し久々にときめきを覚える。粗野で非常識な姪を持て余していたイアンを尻目に、女心の専門家を自負するモーリスは俄然張り切ってジェシーに近づき、モデルになりたいという彼女のために仕事を紹介するのだが…。

「ヴィーナス」の解説

老いて尚セクシーな名優ピーター・オトゥール。本作で8度目のアカデミー賞ノミネートを果たすも、またしても受賞ならず。03年には名誉賞を受賞しているが、それに満足して大人しく隠居生活を送ったりしないのは演じたモーリスと同じ。精力的に新作への出演を続ける70代のオトゥールでなければ演じられないこの老練なプレイボーイは、死体役がはまり役と開き直って細々とだが稼いでいる。これは『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督が随所にブラックな笑いと辛辣なユーモアを盛り込みながら、常に死と隣り合わせの老人であっても、快楽を追求し生涯現役を貫く主人公の生き方を肯定した愛すべき映画なのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年10月27日
キャスト 監督ロジャー・ミッシェル
脚本ハニフ・クレイシ
出演ピーター・オトゥール レスリー・フィリップス ジョディ・ウィッテカー リチャード・グリフィス ヴァネッサ・レッドグレイヴ
配給 ヘキサゴンピクチャーズ、シナジー
制作国 イギリス(2006)
上映時間 95分

(C)2006 Venus PicturesLtd/UK Film Council/Channel 4 Television Corporation

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヴィーナス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-06 17:31:09

広告を非表示にするには