呉清源 極みの棋譜 作品情報

ごせいげんきわみのきふ

稀代の天才棋士の人生をたどる、真実の物語

1914年に中国・福建省で生まれた呉清源は、7歳で囲碁を学び始めたちまち“天才少年”と呼ばれるようになる。1928年、日本人棋士、瀬越憲作の尽力によって母と来日。その実力で日本囲碁界のトップに。1936年、清源は中原和子を紹介され翌年、結婚。しかし太平洋戦争が開戦、母たちは祖国への帰国を余儀なくされる。1944年、清源は徴兵検査を受けるが持病のため免除。その頃から次第に深い孤独を感じるようになっていくのだった…。

「呉清源 極みの棋譜」の解説

冒頭、90歳を超えた呉清源本人が登場し、自宅で奥さんや本作の主演、チャン・チェン、伊藤歩らと談笑する様子がとらえられ、「この人の人生を振り返ってみたい」と思わせる構成に引き込まれてしまう。中国第五世代の代表的映画監督・田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)が、美しい映像と最小限のセリフで“天才”の人生を振り返る。それは彼の「棋士」としての面と、一人の「人間」としての面と二つ合わせて。青年期の呉清源と瓜二つにも見えるチャン・チェンの佇まいは、内省的な孤高の求道者の姿以外何ものでもない。また、昭和初期の面影を残す場所を丹念に探しあてて撮影したという制作サイドのこだわりにも注目して見たい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年11月17日
キャスト 監督ティエン・チュアンチュアン
衣裳デザイン&プロダクションデザインワダエミ
出演チャン・チェン 柄本明 シルビア・チャン 伊藤歩 仁科貴 大森南朋 南果歩 松坂慶子
配給 エスピーオー
制作国 中国(2006)

(c)2006,Century Hero,Yeoman Bulky Co

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「はと」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2007-12-30

呉清源の才能を映像美で堪能できるのかと期待したが見事に裏切られた。天才のオーラはなく悩めるひ弱で寡黙な男の記録だと感じた。ただ伊藤歩ちゃんの存在感が光っていた。素晴らしい女優さんに成長していて嬉しかった。それが救いかな‥

最終更新日:2017-01-27 15:44:58

広告を非表示にするには