サラエボの花 作品情報

さらえぼのはな

ボスニアで娘と2人で暮らすエスマには、誰にも話せない秘密があった…。2006年ベルリン国際映画祭金熊賞の感動作

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボで、シングル・マザーのエスマは12歳の娘サラと2人で暮らしている。生活は厳しく、エスマは深夜までナイトクラブで働かねばならない。疲労が重なったエスマは、ときどき自分の感情をコントロールできなくなり、サラに対して辛くあたってしまう。一方、娘のサラは戦争で死んだという父親の死について疑問を持ち、エスマを問い詰める。エスマには娘には言えない隠された過去があったのだ。

「サラエボの花」の解説

日本がまだバブルの余韻に浸っていた90年代前半、ユーゴスラヴィア解体の中で起きた悲惨な内戦。それがボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争だ。昨日まで一緒に学んでいた友だち同士が、今日は殺し合わなければならないような現実。とくにこの物語の主人公であるエスマのようなムスリム人は、「民族浄化」の名のもとにセルビア人勢力により大きな迫害を受けた。エスマが負った心の傷は、やっと新しい道を歩き出したボスニアという国の傷と重なるだろう。苦しくとも過去の痛みを認めなければ、真の新しいスタートを切ることができないという点で。ボスニアにはエスマと似たような傷を持つ女性が数多いという。しかしどんなことがあっても、子どもは未来へ向かっていくための希望だ。そんな決意が本作に込められている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年12月1日
キャスト 監督・脚本ヤスミラ・ジュバニッチ
出演ミリャナ・カラノヴィッチ ルナ・ミヨヴィッチ レオン・ルチェフ
配給 アルバトロス・フィルム、ツイン
制作国 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(2006)
年齢制限 PG-12
上映時間 95分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「ever*eve」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-10-26

母と子の愛を感じる作品。娘の修学旅行の為に奔走する母に、思わず涙がこぼれた。

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには