白椿 作品情報

しろつばき

なりたい自分になった時、なれなかった自分を好きになる

事に追われる知美は、夫から言われる小言が嫌で嫌でたまらない。父親に娘の面倒をみてもらい、なんとかここまでやってきてはいるが、夫は理解を示さず、仕事は無常にも増え続けるばかり。息抜きに散歩をしていた知美に、季節はずれの白椿が目に飛び込んできた。「こんなかわいらしい椿のような女性になるべきなのかしら…」そんな弱い心とは裏腹に、大きな大きなくしゃみを威勢良くする知美。「はっくしょん!!」知美の目に写るのは、知美の姿。「幸治さんの為に美味しい料理を作ろっと♪」突如一変した知美に家族が心配するが、そんな知美を幸治は内心うれしく思っていた。一方、切り花になって家族のテーブルに飾られた白椿は、朝の光を受けながらボトリとその花を落とすのだった…。

「白椿」の解説

カエルカフェ製作の新感覚ブンガク映画シリーズ第7弾。夢野久作の同名短編を、現代に置き換え映画化。家庭と仕事の両立に悩む女性と、二浪中の女子学生に、現代社会で多くの人が抱える悩みや不安などを投影している。主演は、映画初出演で初主演となるモデル出身の畑野ひろ子。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年10月6日
キャスト 監督秋原正俊
原作夢野久作
出演畑野ひろ子 加藤夏希 志村東吾 新倉恵子 うえむらちか 辻玲花 財津一郎
配給 カエルカフェ
制作国 日本(2007)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「白椿」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-28 00:02:05

広告を非表示にするには