青年の樹 作品情報

せいねんのき

週刊明星に連載された石原慎太郎の原作を舛田利雄が監督

ヤクザ和久組の後とり武馬は東京学院大学に入学した。彼は家を出て一人になろうと下宿をさがした。学友の明子が武馬の考え方に共感した。彼女も赤坂の料亭の娘で、同様な悩みから大学に入ったのだ。明子の世話で、武馬は踊りの師匠紫雨の許へ下宿することになった。明子は母親のえい子と政治家桜井の関係が気になっていた。同じ学友の坂本は、和久組の下で労働しながら学校へ通う風太郎だ。--汚職事件で明子の母親は検察庁へ出頭を命じられた。さらに、和久組の仕事場で事故が起り坂本は腕を折った。

「青年の樹」の解説

週刊明星に連載された石原慎太郎の原作を「やくざの詩」のコンビの山田信夫が脚色し、舛田利雄が監督した青春編。「ある脅迫」の山崎善弘が撮影した。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督舛田利雄
出演石原裕次郎 芦田伸介 芦川いづみ 北原三枝
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「青年の樹」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-08-13 00:01:18

広告を非表示にするには