人が人を愛することのどうしようもなさ 作品情報

ひとがひとをあいすることのどうしようもなさ

鬼才・石井隆の強烈なエロスと映像世界に、女優・喜多嶋舞が肉体と魂をさらけ出した!

人気女優として活躍する土屋名美。だが私生活では、同じく俳優の夫・洋介と破局の危機を迎えていた。多忙を極める名美を横目に、下り坂の洋介は若い女優と浮気。その荒んだ生活は、長いすれ違いで心身ともに蝕まれていた名美をさらに追い詰めていった。現在撮影中の新作では、夫・洋介が名美演じるヒロインの夫役として共演。しかも、洋介の浮気相手の女優まで出演というスキャンダラスなキャスティングがマスコミの注目を集める。そんな中、ひとりの編集者・葛城が名美にインタビューを試みる。主人公と自分を重ねるかのように葛城に映画の解説をする名美。だがそこには…。やがて誰もが想像しなかった衝撃の結末が訪れる。

「人が人を愛することのどうしようもなさ」の解説

『花と蛇』から2年。日本映画界の異端児・石井隆監督の待望の新作は、『天使のはらわた』以来描き続けてきた“名美”シリーズのまさに頂点に立とうかという、ねじれた男女の愛憎劇。石井ワールド究極のヒロイン・名美の継承者として指名を受けたのは『GONIN2』の女優・喜多嶋舞。都会の闇と男の欲望にまみれ、どこまでも落ちていく女…。これまで石井隆が描いてきた“名美”の世界は、喜多嶋舞の出現によりさらに凄絶なものとなっていく。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年9月8日
キャスト 監督・脚本石井隆
出演喜多嶋舞 津田寛治 永島敏行 竹中直人
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2007)
年齢制限 R-18

(C)東映ビデオ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「人が人を愛することのどうしようもなさ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:52:46

広告を非表示にするには