陸に上った軍艦 作品情報

おかにあがったぐんかん

日本映画界の最高年齢監督・新藤兼人が体験した戦争とは?証言と再現ドラマでつづる苛酷な軍隊生活

1944年の春、シナリオライターだった32歳の新藤のもとに召集令状が届く。新藤は宝塚の海軍航空隊に配属されるが、すでにそこには軍艦はなく、終戦まで新藤は海に出ることもなかった。一人前の社会人として暮してきた者たちに18歳の兵長がビンタをくらわせ、想像を絶するような暴力が日常的に続く。それが軍隊の世界だった。殴られ続ける毎日。そしてようやく8月15日がやってきた。

「陸に上った軍艦」の解説

『午後の遺言状』など、長年にわたり日本映画界で活躍し、名作を生んできた名匠・新藤兼人。長年、新藤の助監督として参加してきた山本保博が、映画監督としてのデビュー作に選んだのが、その新藤が自らの軍隊生活を描いた「陸に上がった軍艦」だ。ただし本作は、軍隊生活の再現ドラマと、新藤本人が戦争を語るドキュメント部が交互に登場する。軍隊といってもここには勇ましい戦いはない。それは人をひたすら暴力で支配して「個人」を消し去り、命令通り動くロボットに造り替えてしまう工場だ。本作を見ると、「長いものには巻かれろ」日本人気質は、今も変わっていないことに気づく。今、もし戦争が始まっても、きっと同じことが起きるだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月28日
キャスト 監督山本保博
原作・脚本・証言・証言新藤兼人
出演蟹江一平 滝藤賢一 大地泰仁 池内万作 若松力 加藤忍 二木てるみ
語り大竹しのぶ
配給 パンドラ、シネマ・ディスト
制作国 日本(2007)
上映時間 95分

(c)ピクチャーズネットワーク

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「陸に上った軍艦」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-08-19 00:01:24

広告を非表示にするには