夕凪の街 桜の国 作品情報

ゆうなぎのまちさくらのくに

過去と現在をつなぐ、二人の女性の物語

原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷になっていた。そんな彼女の想いを打越は優しく包み込むが、やがて皆実に原爆症の症状が……。半世紀後。今は東京で暮らす皆実の弟・旭は、家族に内緒で広島の旅に出る。そんな父を心配する娘の七波は、ひょんなことから友人の利根東子と共に、旭の後を追って広島へ向かう……。

「夕凪の街 桜の国」の解説

平成16年度文化庁メディア芸術マンガ部門大賞・第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した、こうの史代の原作漫画を映像化。過去と現在の二つの時代を背景に、二人の女性による二つの物語が描かれる。物語の核となる女性を演じる麻生久美子と田中麗奈の演技が素晴らしい。「夕凪の街」の原爆症発症の不安を抱えながらも、原爆で自分が生き延びたことの負い目から愛に臆病にならざるを得ない皆実。さらに、「桜の国」では父の秘密、自分のルーツを知り、それを静かに受け入れる七波。そこから浮かびあがるのは、平和の尊さ、生きることの喜び、二人の女性を通し、家族愛、兄弟愛、恋愛など様々な愛の形が紡がれて行く物語だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月28日
キャスト 監督・脚本佐々部清
原作こうの史代
出演田中麗奈 麻生久美子 吉沢悠 中越典子 伊崎充則 金井勇太 藤村志保 堺正章
配給 アートポート
制作国 日本(2007)

(c)2007「夕凪の街 桜の国」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「たっぷり」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-08-08

モノトーンの中でオレンジのカーディガンが凛と映える。はかなさと力強さを両主演女優が見事に表現。差別問題にも目を逸らさず対峙。両親に会いたくなった。

最終更新日:2019-05-18 00:01:33

広告を非表示にするには