ブラインドサイト ~小さな登山者たち~ 作品情報

ぶらいんどさいとちいさなとざんしゃたち

チベットに住む目の見えない子どもたちがエベレストを目指し、苦難を乗り越えようとする姿を描く

世界的に有名な盲目の登山家エリック・ヴァイエンマイヤーは、チベットのラサで盲人学校を設立した盲目のドイツ人教育家サブリエ・テンバーケンから、一通の手紙を受け取る。それが発端となり、盲人学校の6人の子どもたちを連れ、ヒマラヤ登山に挑むプロジェクトが始まった。それぞれ過去を背負った6人の子どもたちだが、自分の可能性を信じて参加した。苦難の中、子どもたち、そしてそれをサポートする大人たちが得たもとのは?

「ブラインドサイト ~小さな登山者たち~」の解説

世界の多くの地域ではいまだ障害者に対する偏見は強い。彼らは身体的に負い目を持つだけでなく、「負の存在」として見なされ、精神的にも社会から苦しめられる。本作はそうした子どもたちが登山に挑戦し、苦難を乗り越える姿をとらえたドキュメンタリーだ。ハプニングも盛り込み、美談に終始していないところが、本作をグっと面白くしている。また登頂が始まると子どもたちを囲む大人たちの価値観の対立が浮かび上がってくる。登山家たちは「登頂」そのものに目標を置くが、盲学校の教育者たちは「過程」を大事にする。それは競争社会的と平等社会、西洋と東洋、母性と父性といった中での価値観のエゴの対立でもある。大人も深く考えさせられる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月21日
キャスト 監督ルーシー・ウォーカー
出演チベット盲学校の子どもたち サブリエ・テンバーケン エリック・ヴァイエンマイヤー
配給 ファントム・フィルム
制作国 イギリス(2006)
上映時間 104分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ブラインドサイト ~小さな登山者たち~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:52:05

広告を非表示にするには