腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 作品情報

ふぬけどもかなしみのあいをみせろ

「あたしは絶対、人とは違う。特別な人間なんだ。」

両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽が東京から戻る。家には、母の連れ子だった兄・宍道と結婚相談所の紹介で嫁いできた兄嫁・待子、内向的な妹・清深がいた。4年前、女優になることを反対された澄伽は、同級生を相手に売春して自己資金を貯めた。それを清深が漫画にし、雑誌に掲載されたことを澄伽は恨んでいた。ある日、澄伽は新進の映画監督が次回作の主演女優を探していることを知り手紙を書く。思いがけずに返事が来て…。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の解説

女の自意識やエゴ、妄想を題材に作品を世に送り続ける「劇団 本谷有希子」が手がけた同名の戯曲が映画に。主人公の澄伽は、自分は特別な人間なのだと思い込み、田舎を捨てて、女優を目指す。しかし、実際は才能もなく、自己中心的なわがまま女なのである。仕事でも恋愛でも、とかく女性の方が自意識が強く、夢を見がち。女性が社会で活躍するようになった今も変わらない、女性のエゴにど真ん中から焦点を当てる。親しみやすく、セクシーな魅力の佐藤江梨子は、パワフルな勘違い女にいい意味で適役。また、『蝉しぐれ』の佐津川愛美が、愛らしいルックスを隠して、ネクラな妹、清深を不気味に演じている。監督は、これがデビューとなる吉田大八。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月7日
キャスト 監督・脚本吉田大八
原作本谷有希子
出演佐藤江梨子 佐津川愛美 永作博美 永瀬正敏
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2007)
上映時間 112分

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「ever*eve」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2008-10-26

ブラックユーモアが、この作品のいいスパイスになっている。サトエリは、もう少し演技力をつけてほしい。

最終更新日:2017-01-27 15:44:45

広告を非表示にするには