キャプテントキオ 作品情報

きゃぷてんときお

廃墟と化した東京を、夢に向かって突っ走れ! 痛快青春エンターテインメント

西暦20XX年。映画好きのフルタとロック好きのニッタは、巨大ロックライブを見るため、大地震で廃墟となった東京にやってきた。道中で追いはぎに身ぐるみ剥がされた二人だが、偶然“監督”たち映画屋に助けられ、そのまま彼らと行動を共にする事に。映画屋を手伝ううち、才能の片鱗を見せ始めるフルタ。一方のニッタはフルタの成長に焦りを感じる毎日を送っていた。そんな時、“東京都知事”から彼らに呼び出しがかかり…。

「キャプテントキオ」の解説

『キッズ・リターン』のような自転車二人乗りシーンで始まったかと思えば、次のシーンは「北斗の拳」ばりのアニメ映像。続いては無法地帯と化した東京の姿が映し出され…と、最初からそんなハチャメチャな映像展開を見せる本作だが、しかしてその内容は“世紀末的ニュー・シネマ・パラダイス”といった趣き。映画作りをモチーフに、夢を追いかける若者の友情や葛藤、成長を、笑いをたっぷり織り交ぜつつ描いた痛快なエンターテインメントだ。ウエンツ瑛士と中尾明慶が夢に迷いながらも突っ走る少年を熱演。その周囲を泉谷しげるら個性派俳優が固めている。監督は俳優としても活躍する渡辺一志。自らも“監督屋”役で出演している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年2月17日
キャスト 監督・脚本・出演渡辺一志
出演ウエンツ瑛士 中尾明慶 泉谷しげる いしだ壱成 渋川清彦 飯田一期 藤谷文子 山岡由実 日村勇紀(バナナマン) 設楽統(バナナマン) 車だん吉 石立鉄男
配給 プログレッシブ ピクチャーズ、ディーライツ
制作国 日本(2007)

(c)2007「キャプテントキオ」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「キャプテントキオ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:30

広告を非表示にするには