アルゼンチンババア 作品情報

あるぜんちんばばあ

よしもとばななの傑作小説を、役所広司×鈴木京香×堀北真希の豪華キャストで詩情豊かに映画化!

アルゼンチンババアのイメージ画像1

両親と仲良く暮らしていた女子高生・みつこ。だが母が病死してしまい、父親は母が死んだ日にそのまま失踪。それから半年後、父は町外れの草原にぽつんと立つ屋敷で発見された。そこは、小さな田舎町の中の異国。昔はタンゴやスペイン語を教えていたが、今はちょっと頭がおかしい、と噂される“アルゼンチンババア”の屋敷だった。母の供養もせず、どうして父はそんなところに?! みつこは父親奪還のため、屋敷に向かうが……。

「アルゼンチンババア」の解説

いまや世界30数カ国で作品が翻訳される人気作家、よしもとばなな。彼女が2002年に発表した「アルゼンチンババア」は、人の生死をテーマに扱いながら、じんわりと体中に染み渡るような幸福を描き出した傑作小説だ。見どころは何と言っても演技派俳優の豪華共演だ。繊細すぎて妻の死に向きあえず、娘をほったらかしにするダメな父親役に役所広司。そんな父親に翻弄される一人娘に堀北真希。そして大きな愛で人々を包み込む不思議な存在、“アルゼンチンババア”を鈴木京香が老けメイクで見事に演じきった。広々とした草原に、バンドネオン奏者・小松亮太のタンゴが流れる。おとぎ話のように美しい世界観と、愛と絆の物語に心癒される感動作!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年3月24日
キャスト 監督・脚本長尾直樹
原作よしもとばなな
出演役所広司 鈴木京香 堀北真希 森下愛子 小林裕吉 手塚理美 田中直樹 きたろう 岸部一徳
配給 松竹、キネティック
制作国 日本(2007)
上映時間 112分

(C)2006「アルゼンチンババア」製作委員会 [DVD情報/Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「雅」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-04-12

鈴木京香はけばすぎでしょ!でも愛について描かれたほのぼのとした映画です。人はなぜ愛すること、生きることをやめないのか?の一つの答えをアルゼンチンババアは伝えていました。


レビューを投稿する

「アルゼンチンババア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-03-01 09:48:18

広告を非表示にするには