バッテリー 作品情報

ばってりー

素晴らしい子役たちに拍手!野球少年の友情、家族愛、夢を描いたベストセラーをみずみずしく映画化

中学入学直前の春休みに、岡山県に越してきた原田巧。少年野球のスター選手だった彼は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持っているが、母親が病弱で弟・青波にかかりきりだったためか、他人を寄せ付けない孤独さを漂わせていた。そんな彼が、同級生の永倉豪と出会う。巧の天才的投球に惚れた豪の希望で、二人はバッテリーを組むことに。入学した中学でさっそく野球部に入った二人は、順調に絆を深めていくが…。

「バッテリー」の解説

あさのあつこの小説「バッテリー」。孤高の天才中学生ピッチャーが、野球を通じ家族や友人との関係を築いていくストーリーが世代を超え多くの人々を魅了。累計380万部を突破する大ベストセラーとなった。そんな原作を、『陰陽師』シリーズなど多くの作品を送り出してきた滝田洋二郎監督が映画化。主人公の原田巧を演じたのは、3000人の中からオーディションで選ばれた林遣都(けんと)。12歳ながら自分の才能に気付き、ストイックに腕を磨き続ける反面、不器用で他人に誤解されがちな巧。この難役を、映画初出演とは思えない演技力で堂々と演じきっている。バッテリーを組む豪、弟の青波役の演技も素晴らしい。子供から大人まで楽しめる良作!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年3月10日
キャスト 監督滝田洋二郎
脚本森下直
原作あさのあつこ
出演林遣都 山田健太 鎗田晟裕 蓮佛美沙子 菅原文太 岸谷五朗 天海祐希
配給 東宝
制作国 日本(2007)
上映時間 119分

(C)2007 「バッテリー」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.58点★★★★☆、13件の投稿があります。

P.N.「高3→大1」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2008-08-26

家族愛や野球部員たちの成長を表現しているのはわかりましたが、それだけのような気が…。主人公の巧も生意気で身勝手極まりない小癪なガキンチョにしか見えませんでした。弟を死なせかけてから、あれだけ短時間で野球への道を進むことを許したお母さんの心情もわかりません。林君の演技は絶賛の方が多いですが、それほどでもなかった気が。私的には、山田君の演技が良かったと思います。

最終更新日:2017-01-27 15:44:49

広告を非表示にするには