フリージア 作品情報

ふりーじあ

近未来の日本に、「敵討ち法」が成立。玉山鉄二がクールな敵討ち執行人を演じた、異色ガン・アクション

近未来。治安が悪化した戦時下の日本に、犯罪被害者が加害者に対して復讐できる法律「敵討ち法」が成立する。敵討ち執行代理人となったヒロシ。淡々と任務をこなしていく彼の前に、15年前の幻が現れる。当時少年兵だったヒロシは、上官に連れられある極秘兵器の実験に立ち会っていた。目の前で孤児たちが犠牲となり、彼自身も兵器の後遺症ですべての感覚と感情を失ってしまったのだ。その元上官が、次の敵討ちの対象者だと知り…。

「フリージア」の解説

感情も感覚も失ったダークヒーローが、鮮血飛び散るガン・アクションを繰り広げながら、少しずつ心の痛み=感情を取り戻していく。原作は、松本次郎の同名コミック。舞台は近未来という設定だが、孤独な人々、生ぬるく停滞した空気感、そこで突如暴走する人々の凶暴性など、そこは言いようのない喪失感を抱えた現代とかなり近似した世界。前半の見どころは、玉山鉄二の研ぎ澄まされたスタイリッシュなガン・アクション。後半は一切の感情を持たないはずの彼が、微妙に見せる表情の揺らぎに注目を。感情というあやふやなものを、手探りで求める繊細さと切なさが、普通のアクション映画とは一線を画す異色作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年2月3日
キャスト 監督熊切和嘉
原作松本次郎
脚本宇治田隆史
出演玉山鉄二 西島秀俊 つぐみ 三浦誠己
配給 シネカノン
制作国 日本(2006)
年齢制限 PG-12
上映時間 103分

(c)2006 松本次郎/「フリージア」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「フリージア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:05

広告を非表示にするには