赤龍の女 作品情報

せきりゅうのおんな

これは、悲しみにまみれたひとりの女の復讐劇…。

大阪のとある街。暴力団・黒澤会の組員ばかりを狙った連続殺人事件が発生。捜査によると 被害者はすべて鋭利な刃物による斬殺だった。鮮やかすぎるその手口は誰がみてもプロの仕業だった。黒澤会幹部の荒巻は犯人の割り出しを急ぐ。しかし焦りとは裏腹に犠牲者ばかりが増え続けていった。そんな中、組長が雇った殺し屋の調査により、ひとつの手がかりが浮かび上がる。それは「赤龍」という謎めいた言葉。そして「朝比奈家一家惨殺事件」という10年前の凄惨な事件。わずかな情報を元に、黒澤会は全力で犯人を追う。だがそれは、忌まわしき10年前の記憶を呼び起こす、新たな事件の始まりだった…!

「赤龍の女」の解説

主演を務めたのは、人気モデルの美崎悠。美崎は一昨年中国で行われた「上海国際ファッションモデルコンテスト」で、モーストエレガントアワードを受賞し、現在は大阪国税局のイメージキャラクターも務めている正統派。そんな美崎が本作で、復讐に燃える殺し屋役に挑戦した。殺陣はもとより、アクションはすべてCGなし。撮影に備えて殺陣師について4カ月間、猛特訓を積んだという。これまでのイメージを一変させるような演技で、女優としての素質を垣間見せている。共演は、組織の幹部役に遠藤憲一、由衣の後見人に「宇宙刑事ギャバン」などに主演したアクション俳優の大葉健二、敵の殺し屋役を我修院達也が演じている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年10月14日
キャスト 監督市川徹
出演美崎悠 武智健二 遠藤憲一 我修院達也 大葉健二 津健太郎
配給 GPミュージアムソフト
制作国 日本(2006)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「赤龍の女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:52

広告を非表示にするには