士魂魔道 大竜巻 作品情報

しこんまどうおおたつまき

南条範夫原作「士魂魔道」より、稲垣浩が監督した時代劇。

大阪夏の陣、今、落城しようとする天主閣を前に、大阪方の勝利を信じていた三人の若武者がいた。深見重兵衛、草薙修理、奥野久之助だ。最後の砦であった天主閣も、徳川方に寝返りをうった武藤、鷲尾のために炎上した。城内の静かな場所を切腹の場所ときめた重兵衛は、そこで侍女の小里を甲賀流忍者織江から救った。いまは切腹することも出来なくなった重兵衛は、小里、国松君と共に難民に交り、国松君の家までにげのびた。危いところを救ってくれた虚無僧は、「時代の大竜巻にまきこまれて、自分を見失うな」と言って去って行った。

「士魂魔道 大竜巻」の解説

南条範夫原作「士魂魔道」より、『大盗賊』の木村武と『秘剣』を監督した稲垣浩が共同で脚色、稲垣浩が監督した時代劇。撮影もコンビの山田一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督稲垣浩
出演市川染五郎 佐藤允 夏木陽介
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「士魂魔道 大竜巻」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:52

広告を非表示にするには