男なら夢を見ろ 作品情報

おとこならゆめをみろ

『山と谷と雲』の牛原陽一が監督した、裕次郎主演のアクション・ドラマ。

終戦直後の焼跡で、浮浪児の夏雄と健太郎は親友となった。ある日年上の健太郎は靴を盗んで小野寺刑事につかまり、二人は離ればなれとなった。それから十年…。健太郎は小野寺刑事に育てられ、大学の法学部の学生となっていた。小野寺の一人娘由紀と散歩していた健太郎は、街でヤクザにからまれた。その時、ヤクザの兄貴分らしい男が、健太郎を「兄貴!」と呼んだ。彼は夏雄だった。ヤクザのくせに優しい心の持主夏雄を、やがて由紀は好きになった。だがキャバレーの女リエを恋人にもつ夏雄は、清らかな由紀に近づけなかった…。

「男なら夢を見ろ」の解説

『爆薬に火をつけろ』の共同執筆者、池田一朗のオリジナル・シナリオを『山と谷と雲』の牛原陽一が監督した、裕次郎主演のアクション・ドラマ。撮影も、『山と谷と雲』の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督牛原陽一
出演石原裕次郎 葉山良二 滝沢修
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「男なら夢を見ろ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:42

広告を非表示にするには