薬指の標本 作品情報

くすりゆびのひょうほん

忘れたい過去も失いたくない愛もすべて試験管に封じ込めて

工場で働く20歳のイリスは、作業中に誤って薬指の先端を切り落としてしまう。それを機に工場を辞め、知り合いのいない港町に出て、新しい仕事を探し始める。見つけたのは“標本作製助手”の求人。早速、白衣を着た中年男と面接し採用される。そこは依頼を受けて標本を作製し保存する特殊なラボで、男は標本技術士だった。数日後、イリスは標本技術士から誂えたかのようにぴったりと足に合った革靴をプレゼントされる…。

「薬指の標本」の解説

足を滑り込ませた瞬間の吸い付くような履き心地。それは足を切り落とすまで踊り続けるアンデルセンの「赤い靴」を想起させ、妖しく危険な予感を漂わせる。芥川賞作家・小川洋子の原作小説をフランスの女性監督ディアーヌ・ベルトランが映画化したことによって、より普遍的な物語となった本作では、キャスティングの妙が功を奏している。めっぽう白衣が似合うマルク・バルベ演じる一糸乱れぬ標本技術士のセクシーさが作品全体にミステリアスな緊張感をもたらし、演技経験の無いウクライナ出身のモデル、オルガ・キュリレンコの新鮮さは、見知らぬ世界に戸惑いながらも足を踏み入れて行くイリスそのもの。無垢と成熟を併せ持つ生身の女の存在感がある。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月23日
キャスト 監督ディアーヌ・ベルトラン
原作小川洋子
出演オルガ・キュリレンコ マルク・バルベ スタイプ・エルツェッグ エディット・スコブ ハンス・ツィッシュラー
配給 エレファント・ピクチャー
制作国 フランス(2004)
年齢制限 R-18
上映時間 100分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「薬指の標本」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-01-27 18:28:16

広告を非表示にするには