エコール 作品情報

えこーる

森の奥深く秘めやかに息づくイノセントな少女の季節

棺に裸で横たわる少女イリス、6歳。彼女を待っていたのは7歳から12歳までの6人の少女たち。年長のビアンカが皆と揃いの白いシャツとスカート、赤いリボンで身支度を整えてくれる。「お家に帰りたい」とつぶやくイリスに、これからは7人で暮らすのだと諭すビアンカ。少女たちは森の中の屋敷に住み、ダンスと自然科学の授業を受けに同じ森の中に建つ学校へ通う。その森は高い壁で囲まれた閉ざされた世界だった。

「エコール」の解説

服従こそが幸福への道。それがこの閉ざされた森で生き抜くための知恵であるらしい。男子禁制、外部との接触を一切断たれた異空間で、少女たちは女になる瞬間の一歩手前まで、汚れなき者として成育する。もちろん彼女たちは美しくなければならず、とくに脚の美しさは必須であり、傷など作ろうものなら存在価値すら失ってしまいそうな気配すらあって残酷である。フランク・ヴェデキントの小説「ミネハハ」を原作に、異才ギャスパー・ノエのパートナーであり、『ミミ』で注目された監督ルシール・アザリロヴィックが、再び作り上げたエロチックでミステリアスな世界は、選び抜かれた美少女たちも陰影に富んだ映像も文句なく魅惑的だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年11月4日
キャスト 監督・脚本ルシール・アザリロヴィック
出演マリオン・コティヤール エレーヌ・ドゥ・フジュロール ゾエ・オークレール ベランジェール・オーブルージュ リア・ブライダロリ
配給 キネティック
制作国 ベルギー=フランス=イギリス(2004)
年齢制限 PG-12
上映時間 121分

(c)L'Ecole, by Lucile Hadzhalilovic

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「エコール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:37

広告を非表示にするには